色々な感想とネタバレとIT

自分が面白いと思った事をまとめます。

CSSで四則演算する方法

     - IT

calc()関数を使います

 

calc()で計算できる値

「em」「ex」等のフォントに関連した数値

「vw」「%」等の相対的な数値

「px」「cm」等の絶対的な数値

「1」「0.5」等の単位の付かない数値

「khz」等の<frequency> データ型で表される周波数

「deg」「rad」等の角度

「s」「ms」等の時間の長さ

 

calc()の使用例

.example{
    width : calc(100% / 15px);
}

width等の後ろに「calc(計算式);」で使用することができます。

 

calc()の使用上の注意点

演算子と数値の間には必ず半角スペースを入れる。
半角スペースを入れないと構文エラーとして処理されます。

無題

乗算(*)は引数の片方は必ず単位の付かない数値を入れる。
example3は引数のどちらにも単位の付かない数値が入っていないので×です。

無題

除算(/)は引数の右側は必ず単位の付かない数値を入れる。
example2は引数の右側に%の付いた数値があるので×です。

無題

0px以下は0pxと同じ扱い
↓の時の場合は0pxとして扱われる

.example{
    width : calc(10px - 15px);
}
スポンサーリンク

calc()の使用例

割り切れない数値を使いたい。

.example{
    width : calc(100% / 3);
}

フォントサイズを2pxだけ大きくする

.example{
    font-size : calc(1em + 2px) ;
}

 

 

 

 - , ,